LINEビジネス活用セミナーを東京・名古屋・大阪などで登壇回数100回以上で、日本一の講演回数!商工会議所や法人会など各種団体の研修に


低コストで手軽なLINE集客!

なるべく費用対効果の高い方法で集客したい。

できれば手間も掛けたくない。

 

オーナーや店長は、やる仕事が多い。

なるべく手間を掛けずに集客できたらなあ。

それが本音だと思います。

 

虫の良い話しですが、それをかなえるツール

それが、LINE@です!

 

多くの成功事例が出ていますので、早速見ていきましょう。

 


「1回送ると、150人が来店!」

 

LINE@を活用している岩盤浴サロンのオーナーの話しです。月に一度送っただけで、150人前後の方が来店されます。

 

集客が難しい夏でも、LINEを活用する前と比べ、確実にお客様が増えていると感じます。

 

さらに、毎月LINEに登録してくれる友だちが増えているので、それに伴い来店されるお客様も増えているのです。

 

LINEは、お店にとって欠かせないツールになっているのです。

 


「治療院に不可欠なツール!」

 

斎藤さんに指導してもらって、LINE@の運用を始めました。でも、始めた当初は、あまり効果を感じませんでした。

 

LINE@のアプリができ、1対1でのやり取りができる様になり、効果が出始めました。

 

今では、毎日、予約やご紹介がLINEを通じて入り、電話よりもLINE経由の方が多いほどです。今や、ウチの治療院にとって、LINE@は必要不可欠なツールです。

 

竹田整体院 竹田國茂様

 


「開業から毎月売上が増えています!」


スマホ対応のホームページを開業時から準備した事で、ホームページ経由で新規のお客様が毎月来店されます。

 

その後、LINE@でリピートしていただく、という流れができたのが大きいです。

 

おかげさまで開業してから1年、毎月売上が右肩上がりに増えており、1年後の7月に最高の月商に!

 

LINE@を使って、新規のお客様を増やす事もできます。ただ、リピート客を増やす事がもっと得意なのです。

 

ホームページとLINEを組み合わせる事で、広告費0円でも、大きな成果を上げています。

 


ユニクロもLINE集客に注目!

ユニクロもLINEにすごく力を入れています。画像の友だち数をご覧ください。スゴい数だと思いませんか?

 

ユニクロだけではありません。楽天、ソフトバンク、トヨタなど多くの大企業が非常にLINEに力を入れているのをご存じですか?

 

実は、他のSNSにはない、LINEならではの大きな魅力があるのです。

 

LINEに注目する3つの理由

 

1.国内利用者6,800万人と圧倒的

※フェイスブックは約2,700万人

 

2.毎日使う人が多い

 

3.基本スマホなので常に持ち歩く

 

以上のような特徴を持つLINEに、小さなお店や会社用のLINE@(アット)という商用サービスがあります。無料で始められるので、本当にお勧めです。 

 

「無料なので、始めないともったいない。」


と言えるでしょう。 


なぜ、LINE@は売れるのか?

無料でできるんだったら
「LINE@をやってみても良いかな?」

と思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

「他のツールとどう違うのか?」

気になる方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、LINE@に一番近いツールのメルマガと比べた調査結果をご紹介します。

 

この図を見ていただくと、おわかりのように、LINE@はメルマガの3倍売れるという調査結果が出ています。

 

メッセージを見て購入した人が42.6%と、驚くほど高い購入率が計測されました。

 

 LINE@で売れる3つの理由

 

・登録してもらいやすい

・メッセージを見る人が6割

・確実にメッセージが届く

 

この様なLINE@ならではの特徴により、圧倒的な成果を上げる店舗が次々に出てきています。

 

2017年は、成果を上げる店舗がさらに増えるでしょう。

 


今すぐLINE@を始めた方が良い理由

今すぐLINE@を始めませんか?

ライバル不在のビジネス、今の日本では、まずあり得ません。Appleでさえ、Googleやサムスンなど強力なライバルが存在します。

 

ソフトバンクでも、トヨタ自動車でも、楽天でも例外ではありません。

 

しかし、 ライバルがほとんどいない市場は、本当に存在します。たしかに、そう簡単に見つかるものではありません。新しく生まれた市場だから、ライバルが少ないのです。

 

現在、国内のLINEユーザーは、約6,800万人以上です。日本中の二人に一人が使っている事になります。ところがLINEを活用する店舗は、まだ30万店くらいしかありません。 

 

買い手は多いのに、売り手は少ない。それが、今すぐLINE@を始める事を勧める最大の理由です。


なぜ、LINE@で成果が出る店舗が少ないのか?

LINE@を活用して、バリバリ成果を上げるお店が次々に出ている一方で、成果が出ていない店舗も意外に多いのです。

 

LINE@は、お店ににとって、とても良いツールですし、使い方も簡単です。それなのに、むしろ成果が出ていない店舗の方が多い。

 

LINE@は、素晴らしいツールです。しかし、魔法のツールではありません。ほったらかしでは、成果は出ないのです。

 

真剣に取り組む事なく、なんとなく運営したのでは、成果を上げるのは難しいでしょう。

 

では、どういう事に気をつければ成果が出るのか?次に、お伝えしたいと思います。


LINE@で成果を上げるコツ

実は、LINE@で成功するための秘訣はシンプルです。次の3つを意識する事で、かなり高い確率で成果を上げる事ができます。

 

1.友だちを増やす

2.定期的に配信する

3.特典を用意する

 

LINE@の使い方は難しくありません。でも、うまく使えない方も多い。何のために使うのか?をまず考えてみてください。

 

新規客を増やすのか?リピーターを増やしたいのか?来店回数を増やしたいのか?LINE@を利用する目的をハッキリさせておきましょう。


ご自身で運営もできますが・・・

お店だけでLINE@を活用する事は可能です。実際に、成果を上げたお店もあります。

 

ただ、外部に頼らず成功しているお店は、多くありません。お店のオーナーや店長は、他にも仕事があって忙しい、というのが大きな理由でしょう。

 

通常業務以外の仕事は、どうしても後回しになってしまいがちですから。

 

LINE@は、素晴らしいツールですし、使い方も簡単です。それにも関わらず、成果を上げるお店が少ない。私が思うに、全体の3%から5%程度くらいでしょう。

 

コツコツやれば必ず結果が出るツール、それがLINE@です。

 

一番大切な事は、登録してもらう事です。始めから友だちを増やす事を意識しないと、なかなか登録してもらえずに成果が出ないというお店が多いです。


あなたには3つの道があります。

1つめは、LINE@の利用はしない、という道です。決めるのはあなた自身ですから、それも一つの選択だと思います。ただ、ライバルがみんな始めた後でやり出すと、いかにLINE@と言えども、成果は上げづらくなっているという事は、知っておいてください。

 

2つめは、自ら学ぶ道です。もちろん、一人で立派にやり遂げるタイプの方もいますので、悪い選択ではありません。ただ、時間がかかる事と遠回りするリスクがある事は、頭に入れておいてください。実際、セミナーに参加された方の中で「活用が止まっていた」という方がいらっしゃいました。

 

3つめは、その道のプロに教えてもらうという道です。最短で成果を上げる事ができるでしょう。時間をお金で買う、と考えていただければ良いと思います。一人で勉強するのは大変だから、塾に通ったり、家庭教師を頼むわけですから。

誰から学びますか?

誰かに教えてもらうという道を選んだあなたに、ぜひ、聞いてほしい事があります。

 

「確実に成果を上げたい!」とお考えなら、誰から学ぶのかは、非常に重要です。一流のスポーツ選手でさえ、指導者次第で大きく結果が変わるからです。

 

ラグビーのワールドカップで、日本代表が歴史的な活躍をしましたね。日本中が感動しました。もちろん私も。1人の有能な指導者によって、日本ラグビーの歴史が変わったのです。

 

私も、LINE@に関して、実績を積み上げてきました2016年11月、LINE@活用術を出版。Amazonの2部門で1位になり、4回増刷。LINE@関連本では最も売れた本となっています。

 

また、LINEの専門家として、ベッキー×ゲス事件でテレビ朝日に出演講演回数は、120回を超え、国内トップクラスです。LINEと合同でセミナーを開催した事もあります。実績は、コチラでご確認ください。

英会話大手のECCから、LINE@の活用法を収録した教材が販売されています。

 

セミナーに参加された方の中から成果を上げる方が次々に出ています。一番、早く成果が出たのは「2時間のセミナー中にクルマが売れた」自動車販売店の方です。

 

私、斎藤の評価は、コチラをご覧ください。

家の方やお客様から推薦の声をいただいていますので、ご覧ください。

LINE@、そして、私に興味を持っていただけたら、まず下記の動画をご覧ください。

 

次に、セミナーレジメをご請求いただき、成功事例を確認してください。「今がチャンス」だとおわかりいただけるでしょう。

 

あなたをサポートさせていただく方法は、次の3つです。

お気軽にお問い合わせ下さい。 

 

1.LINEセミナーに参加

2.LINEセミナーを主催

3.対面や通信での個別サポート

 

 

今なら無料プレゼント!

なぜ、LINE@は、最も集客できるのか?

 

LINE@の最新情報や今後開催するセミナーの予定が知りたい方は、スマホで下記のボタンをタップして、LINEの友だちになってくださいね。

友だち追加

【期間限定】LINEセミナーレジメをプレゼント

メモ: * は入力必須項目です


出版記念キャンペーン読者限定特典!

 大変お待たせしました。

下記をクリックして、P.164の6行目のサービス名を入れて ください。


LINE@で成果を上げたい方は、お気軽にお問合せください!

メモ: * は入力必須項目です

男性と女性という風に、顧客を分けて配信できますか?

先日、セミナーで質問されました。


「すべてのお客さんに同じ内容しか送れないのですか?」


というご質問です。


たしかに、男性と女性では送る内容が違う事もありますね。

また年齢で分けて配信したいという事もあるでしょう。


残念ながら、今のところ、分けて配信することはできません。

でも、アカウントを複数作ることはできます。


つまり、男性用と女性用という風に分けて作るのです。

そうすれば、別々に送る事ができます。


もちろん、運用は少し面倒になります。

なので、まず一つだけ運用して慣れてきたら

新しいアカウントを作る事をお勧めしています。


実際にアパレルショップなどでは

ブランドごとに分けて開設したりしています。


複数の店舗がある場合には店舗毎に開設する

というケースもあります。


よく考えておかないといけないのは

作るのは簡単だけど、運用は手間がかかる

という事です。


初めてみたけど、続かなかったでは

イメージダウンになりかねませんから。


0 コメント

岡山県の新見商工会議所さまでのLINE活用セミナー

岡山の県北、新見商工会議所さまにて

LINEビジネス活用セミナーでお話ししました。


担当のYさん、ありがとうございます。

積極的に新しいテーマに取り組んでいただき

LINE活用セミナーは、二度目の開催です。


たくさんの商工会議所さんにお伺いしますが

二度LINEのセミナーのお話しをさせていただいた

商工会議所さんは新見さんが初めてです。


前回は、まだLINE@の無料プランがないときで

申込のに、少しハードルが高い印象でした。


今回は無料プランができましたので、

無料プラント有料プランの違いについてもお伝えしました。


以前は、1万人まで無料プランでも登録できて、月に一度だけなら配信可能でした。

ところが、1月中旬のリニューアルで、月に1,000通までの配信に変更されました。


かなり制限がキビしくなってしまったのですが、今までがすごくユルカッたので

今回の変更は、仕方ないかもしれません。


その代りに、有料版のほうでは、1万人までという枠が無くなりました。

5万通までなら、5千円(税別)という形になったのです。


週に何度も配信するというお店以外、多くのお店にとっては、朗報です。


無料プランができた事もあり、新見市内でLINE@を開設している店舗を調べてみると

3店舗ありました。前回は、0だったので、少し増えました。


コンビニが2軒とカメラ屋さんが1軒です。

いずれもチェーン店なので、本部から登録するように指示があったのでしょう。


まだ始めたばかりのようで、友だちはいずれも数人でした。

個人で使うLINEの友だちよりも少いくらいなので

もう少し頑張って増やしてほしいなと感じました。


というワケで、

積極的に活用している店舗では、圧倒的な実績が出ているLINE@ですが

地方では、まだまだうまく活用できているお店は少いのが現状です。


もっともっとLINEビジネス活用セミナーでLINEの力をお伝えしなければ!

と決意しました。









0 コメント

徳島県の吉野川商工会議所様でのLINE活用セミナー

昨日は、四国は徳島県にある吉野川商工会議所様にて

LINE@ビジネス活用セミナーにて講演させていただきました。


夜7時からの開催という事でみなさんお仕事が終わってからにも関わらず

熱心に聞いてくださり、ありがとうございます。

担当のYさまも本当に熱心な方で頭が下がります。


セミナーの前に食事をご一緒させていただいたのですが

その際も「こういう会員さんがおられますがLINEは使えますか?」

などいつも会員のみなさんの事を考えていらっしゃいます。


地方ではなかなかアベノミクスの恩恵を受けることがありません。

それだけに地方の商工会議所の担当の方のほうが熱心な印象があります。


セミナー終了後にもお話しさせていただいたのですが

その時もまた他の会員さんのお話しでした。


「今日ご参加いただいた、◯◯さんは、結婚式場を経営されていますが

 そういう業種でも活用できるでしょうか?」


と言われるのです。

私もすぐにお答えしました。


「結婚式場での活用事例は少いですが、相性は良いと思います。

 その理由は、対象となるお客様の年齢層がLINEの利用者層と

 完全にマッチしている事です。」


「実際に、大学や専門学校、自動車教習所など若い方が対象の業種での

 活用事例が増えてきています。」


「事前に登録してもらってイベントなどに招待すればとても有効だと思います。」


「同じ地域で他に利用している同業者がない様子ですので

 いち早く活用を始めれば、一人勝ちも十分可能です。」


そうお伝えすると、Yさんは、うなづいておられました。

夜10時を過ぎても、なお会員さんの事を真剣に考えておられるYさんの姿勢に

心を打たれました。


「吉野川商工会議所会員のみなさんは、幸せだなあ」と思ったものです。


LINEセミナーに参加されたみなさんが

いち早くLINE@の申込をされる事を希望しております。



0 コメント

京都府の舞鶴商工会議所様でのLINE活用セミナー

京都は舞鶴商工会議所様にて

LINE活用セミナーの講師を務めました。

寒いなか、ご参加いただいたみなさん
ありがとうございます!

舞鶴には初めて伺ったんですが
写真の様に建物が立派が驚きました。

講演終了後も何人もの方が熱心にご質問いただき
LINEに対するみなさんの熱い思いを感じました。

冬場は天気が荒れる事も多いとの事ですが
幸い当日は天候にも恵まれました。

LINE@の成功事例を始め
LINE@で成果を出すためのコツなどを
お話しさせていただきました。

地元のカラオケ店さんが積極的に活用しておられるお店があり、驚きました。郊外でもLINE@をうまく利用しておられる店舗が少しづつ増えてきているのを実感しました。

LINE@は、新規客向け?既存客向け?

LINE@は新規客と既存客のどちらに向いているでしょうか?

 

まだ新しいツールなのでLINE@の特性についてよくわからない。

という方もおられるかと思います。

 

私はLINE@は既存のお客様向けに使ってこそ大きな力を発揮する

と考えています。

 

もちろん新規のお客様向けに効果がないという訳ではありません。

 

しかし知名度の高い大企業は別として小さなお店の場合は

どんどん新規のお客様がLINE@で登録してくれるというのは

なかなかない事だと思います。

 

 

グルーポンの使い方を間違えて閉店に追い込まれた店は何軒もあります。

グルーポンなどのフラッシュマーケティングはたしかに集客力があります。

 

ただ一気に集客してしまうので

本当に対応できる体制でないと逆効果になってしまう

ケースが少なくありません。

 

その結果、うまく対応できずに閉店してしまうというケースがあります。

半額あるいはそれ以上という大きな割引をして新規のお客様を集めても

よほど満足されない限りほとんどの方はリピートしてくれません。

 

つまり新規客をドカンと一気に集めようという販促方法は

大幅な割引などの痛みを伴う上に、強みがないとリピートしてくれません。

骨折り損のくたびれ儲けになってしまう事が多いのです。

 

大企業は人もいますし、しくみが出来ているので、対応できますが

小さなお店の場合、一気に通常の何倍も新規のお客様が来てしまうと

対応できずにパニックになってしまいます。

 

一方既存のお客様向けであれば、大きな割引をする必要はありません。

なぜなら、あなたのお店を気にいってくれている方だからです。

ですから、少しの割引やオマケでも喜んで来てくださるのです。

 

残念な事に既存のお客様に目を向けている経営者は多くありません。

ついつい新規のお客様を集める事に目が行ってしまうんですね。

あなたは常連さんを大事にしていますか?

0 コメント